こぐま会 KUNO-method

KUNO-method 3つの教育理念

  1. 教科前基礎教育という考え方

    「読み・書き・計算」の前に、子どもたちの発達段階に合わせて生活や遊びを素材にしながら、小学校以降の教科学習で必要となる概念や思考法を、幼児期のうちからしっかり身につけておくべきだという考え方です。

  2. 事物教育の実践

    結論を教え込む「詰め込み主義」ではなく、事物に触れること働きかけることで、モノとモノとの関係を体験を通して理解し自分の力で答えを導き出していく。その試行錯誤こそが「考える力」を育みます。

  3. 対話教育の実践

    できてもできなくても、どう考えて解答したかを言葉で説明させて聞いてあげます。対話によって、子どもは自分の気持ちや考えを言葉で表現する能力を身につけ、大人は子どもの思考プロセスを把握して適切なアドバイスができるようになります。

KUNOメソッド指導方法のポイント KUNOメソッド指導方法のポイント

3段階学習法

3段階学習法は、指導に際して「事物への働きかけ」と「対話による理解の確認」を大切にしています。それは子どもが事物に直接働きかけることで、ものごとの 関係を自ら発見していくことができ、また考え方の根拠を言語化(言葉による説明)する努力を通して、論理的思考力の土台がかたちづくられていくと考えているからです。
特に、年長クラス・年中クラスでは、1.身体全体を使う活動、2.手を使い事物に働きかける個別学習、3.認識を定着・発展させるペーパーワーク、という3段階で授業を行っています。同じテーマの学習を3段階で行うことによって、イメー ジ化・内面化といわれる大切な学習プロセスを保障し、幼児期の最大の課題である「具体から抽象へ」の橋渡しを実現しています。幼児が物事を理解する道筋にみあった指導方法が、KUNO-methodにはあります。

  1. 1身体全体でかかわる活動

    集団でのごっこあそび

    身体全体でかかわる活動の実践風景

    「勉強」というと、まず問題集やドリルなどが思い浮かぶと思います。しかし、幼児が興味をもって自ら取り組もうとするのは、五感で感じることのできる対象です。授業でも、まず遊び や生活の場面を再現し、ごっこ遊びなど身体全体を使う活動から始めます。自然なかたちで学習をスタートさせることで、 積極的に取り組む姿勢が生まれます。

  2. 2事物を使った試行錯誤

    机の上で教具・カード教材などを操作します

    事物を使った試行錯誤の実践風景

    「事物を使った学習はやさしくて、ペーパー問題は難しい、だから一刻も早く過去問に取り組みたい…」という方は非常に多いと思います。しかし、ペーパーのみの学習では本物の学力は絶対に身につきません。物事に働きかけ試行錯誤する中で、ものの本質や関係性を学んでこそ、その経験がペーパーで問われた時に活かされ、考える力が要求される難問を解くことができるようになるのです。実際、事物を用いた試験を行う小学校では、ペーパーよりも難しい課題が多く出されています。答えの根拠の説明まで求められる、ということもその難しさのひとつですが、むしろ事物を使って質問されるからこそ、本質的であり、難しいと言えるのです。

  3. 3教師との対話・
    ペーパーによる理解の確認

    考え方、答えの根拠をはっきりさせます

    教師との対話・ペーパーによる理解の確認の実践風景

    身体や手を使うことで充分に深まった理解を、最後にペーパーワークで点検します。しかし、ペーパー上の問題は、本当に理解していなくても、技術的な方法で、または偶然解けてしまう場合が少なくありません。そのため、正しい考え方で解いたのかを確かめるために、私たちはどんな課題においても「なぜ、そうなりますか?」と質問し、答えの根拠を説明させるようにしています。このとき、頭では理解していても、言葉にならない身振り手振りというのがあります。これも、言語化への過程の重要な一段階として評価しています。大切なのは、本当に理解させること、分かったつもりにさせないことです。